そのまま返済続けるの?カードローンのメリット、デメリット

リボ払いで払った場合の支払総額

カードローンを利用する場合、保証人も担保も付ける必要なく、本人の審査だけで最短即日で借入できるのがメリットですが、比較的手軽に借りられる分、利息が高く設定されていることがあります。ほとんどの方は本人確認のできる書類提出のみでの借入を選択することから、借入限度額が10~50万円以下の少額になることがあり、14~18%程度の上限金利が適用されることが多いです。
返済日に一括返済をする方や、無利息期間中に事前返済する方であれば、特に問題がありません。しかし、多額の借入をして、月々に支払うと支払総額が非常に多くなる可能性があります。カードローンの分割での返済は、リボ払いがほとんどで、元金だけでなく残高にも金利がかかる複利計算です。いつまで支払うのかが分かりにくいですし、利息もかさみがちになるでしょう。余裕がある時に随時払いをして、借入期間を短縮するのがおすすめです。

おまとめか借り換えも視野に

複数の金融機関からカードローンの利用をしている場合、支払日の管理をするのも大変です。銀行のカードローンやフリーローンには総量規制がないために、借り換えをすると、金利や月々の支払い額、総支払額も少なくなることがあるでしょう。両者の利用額を合算すると、借入額も比較的高くなります。借入限度額が高くなると、金利が低く優遇される傾向になりますので、合算すると利息を含めた総支払額が大幅に抑えられることもあるでしょう。利用前に金融機関のシミュレーション機能を利用して、軽減されるようであれば検討することをおすすめします。
消費者金融を利用して、月々の返済歴に問題がない方であれば、総量規制対象外のおまとめローンの利用を相手先から勧められるケースもあります。カードローンの利用した経歴がある方に限り、優遇金利を適用する消費者金融もあり、有利に使えることもありますので、比較してみるといいでしょう。